スマホは一度使うと手放せない生活必需品

近年、スマートフォンの普及が著しい。
発売当初はイロモノ扱いされていた。「そんな訳のわからないもの使わないでガラケー使ってればいいのに」とか「タッチパネルとか使い辛いだろ」とかいう意見が大多数だったのに、まったく世間とは分からないものである。

街中や電車の車内を見渡すとスマートフォンを操作している人がほとんどである。ガラケーと称されるフューチャーフォンを操作している人はごくごく少数であることを考えると、やはり普及は著しいものでると感じる。

かくいう私もスマートフォンユーザーである。
2009年6月に日本でiPhone3GSが発売されたのをすぐに購入したので、かれこれ6年近くiPhoneユーザーということになる。
新しいモデルが出るたびに買い替える程にiPhoneに惚れ込んでいる。当然現在使っているのは最新のiPhone6だ。

iPhoneを買う前はもちろんガラケーユーザーだったので、こんなに多機能なツールを使うのは初めてだった。
文字の入力方法や基本的な操作方法が全く異なり、最初は戸惑いを隠せなかった。
しかし、ある程度使い方をマスターしてくると非常に便利なツールであることに気が付く。
こうなってしまうともうガラケーには戻れない。スマートフォンの虜である。

先日、諸事情で6日程手元にiPhoneがなかった時があったのだが、発狂するかと思った程の虜になってしまっているのである。
もう私も立派なiPhone依存者だ。

しかしこれだけ普及していくと、やはり様々な問題が生じる。
私が一番気になっている問題は、ながら歩きだ。
画面を見ながら歩いているのでもちろん前や周りは見えていない。
それで体がぶつかろうものなら舌打ちされる始末だ。ながら歩きをしてるのが悪いのに逆ギレも甚だしい。
しかし、仕方のない部分もあるとは思う。
初めて来る町で道が分からず、地図アプリで道を確認しながら歩く場合もあると思う。
道が分からないのだから仕方ない。
ただもう少し周りを見て欲しいな、という気持ちはあるのだが…

ただ、どうしても一番手放せないケースはスマートフォンを使ったネット副業で稼いでる場合だろうと思う。

スマホ依存症の改善方法

前回スマホ依存症の症状と日常生活の支障につて書いてみました。
スマホ依存症は様々な面で悪影響があります。時間管理が難しくなることやコミュニケーションが疎かになることが挙げられます。歩きスマホによる安全面の問題もあります。歩きながらスマホに熱中するあまり周りが見えなくなり車に轢かれそうになったという経験をもってる人意外と多いのではないでしょうか?非常に危険なので思い当たる方は歩くとき位はスマホはしまいましょう。後は健康にも悪影響がありそうです。スマホを夜遅くまで使用し寝不足になる。睡眠障害、睡眠不足など深刻な問題がうまれます。こんな状態では日中ベストな動き、仕事はできないですよね。あらゆる面で悪影響をもたらすスマホ依存症。何か改善する方法はないのでしょうか?考えればいろいろあるかと思います。たとえば予備で充電バッテリーを持ち歩かない。スマホは高性能であるがゆえバッテリーの消費が激しいです。ゆえにバッテリーを持ちある方は多いかと思います。あえて持っていかないことでバッテリーの節約を気にしながら使えるため使用回数も減るでしょう。あと簡単なのはスマホをポケットに入れず鞄に入れるようにする。この方法も有益でしょう。ポケットだと財布感覚で取り出す回数がふえますからあえてひと手間加えることで使用回数を制限する。いい案です。あと効果的なのは面倒なパスワードを設定するのことです。使用する度にパスワードを入力するのは相当面倒臭い。スマホ依存のレベルは低減しそうです。またスマホを使わないデーを作るのもいいでしょう。一日は無理でも何時から何時までの時間は使わないとかそういったことら徐々に始めるのもいいかもです。いずれにしいても既に依存してるかたに急にスマホを使うななんて言うのは酷でしょう。ちょとずつちょっとずつ減らしていけるようにしたらいいと思います。スマホが便利で素晴らしい機械なのは勿論周知の事実ですのでそのスマホと上手な使い方を日々模索していければいいですよね。

スマートフォン依存症

スマートフォンの普及率の高さには目を見張るものがあります。通勤電車に乗ってみると殆どのひとがスマートフォンの画面を見てたりします。一歩引いて考えてみるとちょっと異常かもしれないですね。いま社会問題となっているのがスマホ依存症です。読んで字のごとく一日の大半がスマートフォン使用に費やして日常生活に支障をきたす症状です。スマホの機能も年々精度があがっていき今じゃ持ち運べる小さなパソコンともいえるようになってからより深刻になってきました。操作もさくさく動くのでネット検索もストレスなくできるようになりました。加えてツイッターやフェイスブックといったsnsサービスや無料スマホゲーム界の隆盛により誘惑が溢れ返ってます。やはりその反面スマホが手放せない、ないと不安でしょうがないっていう人が増えてきました。昔からネット依存症の人はたくさんいましたがスマホが普及したことでより深刻な社会問題になってるかとおもいます。具体的にスマホ依存症になるとどういった障害があるのか考えてみました。最初に挙げられるのは時間の浪費でしょう。中高生の方で一日の大半をスマホ使用に使っているなら勉学は疎かになります。運動をやる機会も減るでしょうから運動神経も低下していきます。教育面でも支障が生まれるわけです。あとはコミュニケーションが減ってっるのも問題です。親子の会話も無くなるのはかなしいですよね。実際子供が必死に話しかけているのに親がずっとスマホをみて会話になってないっていう現場をなんどか見かけました。なんとも言えない気持ちになりますね。親子だけでなく友人関係をはじめ様々な関係において支障がうまれます。やはりこっちが話してるときに相手がちらちらスマホをみていたらあまり良い気はしませんよね。友人関係にもひびが入ります。ツイッターのフォロワー数は増えてもリアルな友人が減るのは残念です。スマホはとても便利で利用すること自体は止められないかもしれませんが一日の利用時間を見直すことも考えないといけませんね。

ネット副業とインターネットとの向きあい方

便利なパソコンやスマートフォン。持ってる人は結構いらっしゃると思います。ただ中にはネットサーフィングぐらいにしか使ってない方もいるかもしれません。それじゃちょっともったないですよね。宝の持ち腐れと言っていいでしょう。もし日々の生活に刺激が感じられないと感じたのならネット副業を始めてみるのもいいかもしれません。誰でもできるような簡単なお小遣い稼ぎ程度の仕事もありますし、もっとしっかりとした副収入が欲しいというかたはアフィリエイトやネットオークション、ブログ作成に挑戦するのもいいかのしれません。どちらも空いた時間や好きな時間に仕事ができるのがメリットですし初期費用もほとんど変わらないのが魅力的ですよね。主婦の方の間でも非常に今人気なんです。やり方によっては本業の収入を超えてることもあるようですね。もしかしたら将来的にはネットで仕事をするのが当たり前になり毎朝夜遅くまで会社で働くというのがごく限られた人によるものになっていくかもしれません。そういう意味でもネットで稼ぐスキルはこれから生きていくうえ重要になっていくでしょう。実際子供のうちからパソコンに触れさせている家庭もあるかと思います。インターネットの便利さや怖さも早いうちから学ばせることが大事になってきます。インターネットは非常に便利なツールですし私たちの生活を豊かにした半面、扱ってる人のモラルが不可欠です。近年インターネットを利用した犯罪も増えてます。サイバー犯罪とも呼ばれていて違法アップロードや違法ダウンロードによる著作権侵害もそうですしネットを通じて個人情報の漏えいの事件は後を絶ちません。そいったものから自分を守る知識もこれからは今以上に必要になってくるかと思います。インターネットを利用する以上他人事ではありません。大人たちは勿論ですがこれからインターネットに触れていく子供たちを守るためにも、行政面、教育面でもインターネットとの向きあい方を個人個人で考えていきましょう。

スマートフォンって便利なの

私はまだスマートフォンを持っていません。いわゆるガラケーをまだ使っているのですが、携帯電話ももともとそほとんど使わないものですから、スマートフォンも持つ必要性を感じていないのです。今やほとんどの人がスマートフォンに変わったような勢いですよね。スマートフォンってそんなに便利なんですか?アプリをダウンロードするんでしょ?スマートフォン自体を触ったこともないし、近くで見たこともないので、いったい何がそんなにいいのかってこともよくわかっていません。私のとらえかたとしては、もともとパソコンって一人が一台持つ必要がなくて、ネットとメールが出きればいいくらいだったんだけど、それならそういう必要な部分だけを切りとる形にして電話と組み合わせればいいだろうってことで生まれたのがスマートフォンってことなんでしょ?違うのかなあ。まっ、持っていないんだから、本当のところはわからないか。でもさあ、考えてみれば、パソコンにしてもそうだけど、スマートフォンだって、ほんの数年前には存在もしてなくて、そして、それが無くてもみんな普通に暮らしていたはずなのに、今ではきっと、スマートフォンが無かったら困る人が多いんだろうからね。ほんの数年前の暮らしって、どんな暮らしだったのか、今となっては忘れてしまった感じもあるのよね。数年前じゃなくて、もっと前ということになると、もうもっと分からなくなるね。テレビも、洗濯機も、車も、あれもこれも、何もなかったときの暮らしって、頭では分かるけど、実際の暮らしって想像できないような気がするよ。テレビは無ければ無いで、どうにでもなりそうな気はするけど、自分的にはインターネットが無くなったら困るような気がするな。メールとかも無くなったら困るかも。っていうか、パソコンが無くなったら一番困るかもなあ。車もかなり最高の発明だよね。きっとスマートフォンもすごい発明なんだろうな。それを使っていないなんて時代遅れだよね。

時間の使い道としての副業

自由に使えるお金があったらあなたは何に使いますか?
もちろん生活に不自由していないというのが前提です。最低限というより、平均的な生活を営めるラインを超えたお金を何に使うのが自分の幸せなのか。

これは時間を有意義に使えばいいのか。と同じぐらい大切な内容です。
お金を稼ぐためには時間が必要であり、時間を使ってお金を稼ぐからです。

お金と等しい価値を持つ「時間」。何に使っていますか?

まず、大切な恋人や家族と過ごすといっても義務的な気持ちだったら意味がありません。心の通った相手との時間こそが有意義だと私は考えます。自分にとって大切な時間を費やすに値する相手なのか?よく考えて、見定めてみましょう。もし、惰性で過ごしているとしたら今すぐどうにかしたほうがいいと思います。相手を話し合うか、距離を置くか、選択肢は無限にあると思います。しかし、何もしないでいると時間は無駄に過ぎていきます。
または趣味に時間を費やす事も選択肢の1つです。結婚してからは学生時代に夢中になった趣味が無くなる人もいますが、逆に歳をとってから時間の余裕ができて新しい趣味を見つける人もいるそうですね。とくに歳を取って仕事を辞めてからは人との関わりが自ずと無くなってきます。そういうときは、人と共有できる趣味をあえて作ってコミュニケーション不足を補う事もポジティブな生き方だといえます。

ではここで最初の質問に戻りますが、誰にとっても大切な、限りのある時間との等価交換で得たお金を何に使えばいいのかという疑問に戻りましょう。

時間をどう使うかよりも、自由に使えるお金が欲しいと思う方は余ってる時間を使って副業をしてはどうでしょうか?1日1時間ほどの無駄な時間はあると思います。まとまった時間でなくても構いません。在宅ワークならスマートフォンだけで出来るものもありますし、移動中やトイレや待ち合わせ時間など、どんなときでも無駄にしている時間を有意義なものに変換できます。人によっては、その隙間の時間でお金を稼げればより有意義な人生を送ることが出来ると思います。

サラリーマンで副業をしてない人は無能って本当?

副業で稼いでいるサラリーマンの方はどのくらいいるのでしょうか?
とある週刊誌が会社員に実態調査のレポートをまとめた結果、なんと10人に1人の割合で副業をしているそうです。(しかも9割の方が会社に内緒です)

意外に多い数字にびっくりしました。しかも、その中でも副業で稼がないサラリーマンは無能とまで言い切る人もいたそうです。ただ、爆発的にサラリーマンの副業が流行ったのがここ2~3年とのことで、それまでは100人に1人いるかいないかの割合だったと聞きました。
その原因はすぐにわかりました。スマートフォンの登場です。2012年あたりから急激に浸透したスマートフォンは小型のPCと言っても過言ではないこの便利さがあります。
株取引、FX、バイナリーオプションなどのはもちろん、ブログやSNSも手軽に更新できる事からアフィリエイターも爆発的に増加しました。向き不向きはありますが、なんと言っても様々な先程あげた副業意外にも様々な仕事があるので、自分に合ったものを探せるかどうかがキモだと思います。

自分に何が合っているのか?…それはわかりませんが、とりあえず色々な仕事に手を出して見ることが大切です。手を出して見てから、自分の生活や性格に何が合っているのか、どんな内容の副業が稼げるのかを見極めましょう。実際に手を出す前に、調べる事ができます。体験談も山のように転がっているので片っ端から調べてみましょう。できそうだと思ったら試してみるだけですよ。

調べる時間が無いというのは言い訳です。移動中でも待ち合わせ時間でも、正直トイレタイム中でもスマートフォンを使って「副業」と検索して探してみましょう。

サラリーマンのお小遣い稼ぎも簡単に出来る時代になりました。例え1ヶ月に10時間の副業で5万稼げればイイですよね。20時間で10万円。30時間で30万ですよ!1日1~2時間作業するだけで給料と同額程度のお小遣い稼ぎは簡単にできます!

主婦のお小遣い稼ぎについて思うこと

結婚するまでと違い、家庭に入ってしまうと金銭感覚が狂います。狂うというか気にしなくてはならないお金や必要なモノが変わるので、気軽に使う事ができなくなります。

専業主婦ならなおさらだと思いますが、あくまで旦那の稼いだお金を預かるような立場にいます。中には、旦那(や子供)に対してお小遣いをあげる立場にいるので勘違いをしている人も少なくないですが、旦那の稼ぎがあってこそ、家族で役割分担してそのお金でどうやって幸せで暮らすかということを考える事が大切な事です。

何が言いたいかというと、つまり「自分のお金ではない」という一点です。
お金を何に使う事がベストよりよいのか、考えて決めなくてはなりません。
安く慎ましく暮らせればそれが一番という考えもあります。しかし、我々は家畜ではありません。必要最低限のものだけでは幸せに暮らす事は難しいでしょう。逆に、もちろんお金があれば比例して幸せでもありません。幸せの定義については人それぞれだと思いますが、主婦とは限られたお金で家族がどう幸せに生活できるのかを調整する仕事だと思います。

ただ、この家庭内での仕事という事に責任を持って全うできていればあとは何でもいいと思います。「なんでもいい」は少し乱暴な言い方でしたが、余分なお金を作る事ができれば好きなように使ってもいいと私は考えます。家族といっても旦那は旦那の、自分には自分の、子供には子供の人生がありますからね。

では余分なお金を稼ぐためにはどうすればいいのか。限られた時間の中で、家事と両立できるような仕事はあります。手っ取り早く稼ぐには水商売などもありますが、私の価値観では推奨できません。ここでインターネットを使って色々な情報を集めてみる事をオススメします。

例えば、最近流行りのインターネット副業などはスマートフォンだけでも出来るものがありますし、1日5分から作業可能なものも多いそうです。

まずはインターネットに接続して「主婦でも稼げる内職」と検索してみましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ