その年の節目に販売されるのがジャンボ宝くじですけど、これを利用したサラリーマンの副業があります。サラリーマンは電車を利用して通勤していると思うのですが、駅前には大抵の場合、宝くじ売り場というのがありますよね。これを買いたいという人がいるので、その需要をあなたが満たすお仕事なのです。

でも、宝くじ売り場なんて全国各地にあるのだから、そこで本人が購入すれば済む話ではないかと思われたでしょうか。いいえ、そうではないのです。当たりやすい宝くじ売り場として有名になっている場所が全国各地にあって、そこで買いたいというお客さんが沢山存在しているのです。

まず人口が多い所が有利になります。東京や大阪、名古屋などの大都市の駅前の宝くじ売り場ですね。ここは、当然ながら沢山の人達が利用しますので1等が出やすい売り場という事になる訳です。次に何故なのかはよく分かりませんが、ちょっと田舎の売り場です。販売数がそれ程でもない様な感じなのに、不思議と1等がでるという売り場があるのです。このどちらかで購入して欲しいという人がいるんですね。

宝くじの購入費用は当然出すとして、それとは別の手数料が実質的な儲けとなります。金額的にはどれくらいが適正でしょうか。もし、あなたが通勤する駅の真ん前にあるのなら、極僅かでも十分なお小遣いをゲットできるという事になります。この相場に関してですけど、ネットオークションサイト等を見ればある程度分かるはずですので参考にしてみて下さい。

サラリーマンの副業として宝くじの購入があるというのが分かって頂けたはずです。ちなみに購入した物を送る時は現金書留を利用する様にして下さい。これですと何かトラブルがあっても一定の金額まで保証されるとの事です。宝くじは薄い割に高価なものですから絶対にそうする様にしましょう。定形郵便でもそれ自体は送れますけど、保証はされないのです。サラリーマンの副業で、この様な損は許されません。