ゴルフ場でのボール拾いというサラリーマンの副業について

最近注目されているサラリーマンの副業に、ゴルフ場での球拾いのアルバイトがあります。これがどういうバイトなのかというと、ゴルフ場やゴルフの練習場などで、ゴルフをしている人が打ったボールを拾うといったバイトです。ゴルフの練習場などの場合だと、ネットなどにぶつかって落ちているボールを拾うだけなので、そこまで体力を必要としないこともありその分時給は安くなります。一方ゴルフ場の場合だと、拾うボールは基本的には森などOBゾーンに飛んでいったボールの場合が多いので、その分体力的にもしんどいこともあり時給が高めになっています。

では何故このゴルフ場での球拾いのアルバイトがサラリーマンの副業に向いているのかというと、このバイトが基本的には深夜や早朝に行う場合が多いので、サラリーマンでも行いやすいからです。ゴルフ場や練習場は昼間は営業をしていることもあり、こういった勤務の時間帯になります。ですのでサラリーマンだと、仕事が終わってからや、出社前に行うことができます。仕事自体は時給制のところもありますが、歩合制のところもあります。ゴルフの練習場の方は一カゴを満タンにして千円前後といったような歩合制が多く、ゴルフ場の場合だと時給制が多いといった感じです。これで毎日深夜や早朝に1時間くらいのバイトを週に5回くらい行えば、それだけで月に2万円を越えますし、慣れてきてバイトの時間を増やしていけば、サラリーマンの副業の中でも結構稼げる方になると思います。

探せば週1、2日から可能というところもあるので、そういったところだと1日や2日で集中してバイトを行うことができるなど、こちらの状況に合わせて自由にバイトをすることができるのも魅力の一つです。最新では定年した高齢者などが、ゴルフ場を歩くと運動にもなるので、暇つぶしや健康目的でこのバイトを行っていることが増えてきているので、少し競争率が高くなってきていることだけが欠点です。逆に言えば高齢者でも行える程度のバイトなので、サラリーマンの副業として興味がある人は一度やってみるのもいいでしょう。

SNSでもご購読できます。