結婚式に代理出席するとかなり儲かる

サラリーマンをしていて毎月給料をもらっているが、ボーナスが少なくてちょっと足りないし、お金も結構かかるので家計が厳しい…そう嘆いている人も多いと思います。
やはりこの場合は割のいいサラリーマンの副業を探すことが解決策としてベターだと思います。
では割のいいサラリーマンの副業とはどのようなものなのでしょうか。
今回紹介するサラリーマンの副業は「結婚式への代理出席」です。
え、本当にそういう仕事があるのとびっくりされる方も多いと思いますが、実は本当にあるんです。
最近はあまり友達も作らずにマイペースで生活をされているかたも多いと思います。
このような人同士が結婚する場合は特に披露宴をせずに、役所に届を出すだけ、または新婚旅行を兼ねて海外で家族だけでウェディングをすれば済みますので問題はありません。
しかしそれはマイペースで友人が少ない人同士だったらできる方法です。
例えばマイペースで友人が少ない男性が、大企業の一人娘と結婚することになったらどうなるでしょうか。
当然花嫁側は披露宴を開いて、たくさんの友人や関係者を呼ぶことになります。
例えば花嫁側が100人の知人を招待した場合、バランスをとるために花婿側も100人近い知人を招待する必要が出てきます。
しかし花婿にはそんなに多くの知人がいないわけで、どうしても人数が足りなくなってしまいます。
そんな時に必要になるのが結婚式や披露宴の代理出席者という事になります。
この仕事を引き受けると、年齢や性別などから役割を割り振られます。
たとえば親戚のおじさんのひとりになったり、大学時代の友人になったり、高校時代の友人になったりします。
例えば高校時代の友人になった場合は、花嫁側の友人から花婿の高校時代についての質問がある場合があります。
この時にある程度きちんと返事をしないとばれてしまいますので、花婿の高校の名前や所在地や近くの飲食店などは頭に入れて置く必要があります。
受付をしたり、二次会に出席するとオプション料金が付いてどんどん報酬も上がります。
それほど大変ではなくできる仕事なのでおすすめです。

SNSでもご購読できます。