スマホ依存症の改善方法

前回スマホ依存症の症状と日常生活の支障につて書いてみました。
スマホ依存症は様々な面で悪影響があります。時間管理が難しくなることやコミュニケーションが疎かになることが挙げられます。歩きスマホによる安全面の問題もあります。歩きながらスマホに熱中するあまり周りが見えなくなり車に轢かれそうになったという経験をもってる人意外と多いのではないでしょうか?非常に危険なので思い当たる方は歩くとき位はスマホはしまいましょう。後は健康にも悪影響がありそうです。スマホを夜遅くまで使用し寝不足になる。睡眠障害、睡眠不足など深刻な問題がうまれます。こんな状態では日中ベストな動き、仕事はできないですよね。あらゆる面で悪影響をもたらすスマホ依存症。何か改善する方法はないのでしょうか?考えればいろいろあるかと思います。たとえば予備で充電バッテリーを持ち歩かない。スマホは高性能であるがゆえバッテリーの消費が激しいです。ゆえにバッテリーを持ちある方は多いかと思います。あえて持っていかないことでバッテリーの節約を気にしながら使えるため使用回数も減るでしょう。あと簡単なのはスマホをポケットに入れず鞄に入れるようにする。この方法も有益でしょう。ポケットだと財布感覚で取り出す回数がふえますからあえてひと手間加えることで使用回数を制限する。いい案です。あと効果的なのは面倒なパスワードを設定するのことです。使用する度にパスワードを入力するのは相当面倒臭い。スマホ依存のレベルは低減しそうです。またスマホを使わないデーを作るのもいいでしょう。一日は無理でも何時から何時までの時間は使わないとかそういったことら徐々に始めるのもいいかもです。いずれにしいても既に依存してるかたに急にスマホを使うななんて言うのは酷でしょう。ちょとずつちょっとずつ減らしていけるようにしたらいいと思います。スマホが便利で素晴らしい機械なのは勿論周知の事実ですのでそのスマホと上手な使い方を日々模索していければいいですよね。

SNSでもご購読できます。